FINAL DOWN

All the love in the world couldn't save you All the innocence inside
1時間ごとに更新!! Amazon売れ筋トップ100
音楽 DVD ビデオ TVゲーム エレクトロニクス ホーム&キッチン

文字起こし
ニュース侍!2005/11/8 ゲスト田村潔司
【1】【2】【3】【4】

ニュース侍!2005/10/14 菊田早苗
【1】【2】【3】【4】

2005/10/12 K-1 MAXでの前田日明語録

J SPORTS ZST特集 ゲスト所英男
【1】【2】

ニュース侍!2005/10/4 ゲスト近藤有己
【前編】【中編】【後編】

ニュース侍!2005/9/20 近藤有己インタビュー

ニュース侍!2005/9/9 ゲスト 岡見勇信 & 門馬秀貴
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/9/6 ゲスト村上和成
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/8/2 ゲスト柴田勝頼 &上井文彦【前編】【後編】

前田日明の語る2005/7/6HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

K-1ハワイ大会での前田日明語録 【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】
谷川、武蔵が語る前田日明【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】

前田日明とノブ・ハヤシの会話【2005/8/6 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#1】

2005/7/22 ニュース侍!ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!ゲスト高橋義生【PANCRASE】
【前編【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!桜木裕司 インタビュー

2005/6/20 PRIDE GPまであと7日!夏の女祭り
田村潔司編 瀧本誠編

2005/6/14 ニュース侍! ゲスト河野真幸
【前編】 【中編】【後編】

ニュース侍!2005/6/4 ゲスト桜井"マッハ"速人
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/6/2 ゲスト佐山聡
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/5/30 ゲスト村上和成【ビッグマウス】【前編】 【後編】

ヘビメタさん2005/5/21 ゲスト武藤敬司
【前編】 【中編】 【後編】

永田裕志 対 山本宜久【新日本プロレス2005/5/14】
【前編 【後編】

鈴木みのるエキシビジョンマッチ【2005/5/1 PANCRASE】

2005/5/4 闘魂ネットワーク 永田さん、前田に反論【前編】 【後編】

ニュース侍!2005/4/29 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

前田日明、RIKIPRO来場

2005/4/12 浅草キッドの海賊男#78 前田日明編
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

ニュース侍!2005/4/12 長州力が語る前田日明

2005/4/5 浅草キッドの海賊男#77 前田日明編
【1】 【2】 【3】

前田が船木に謝罪

生ゴン2005/03/18 ゲスト高阪剛
【前編】 【中編】 【後編】

生ゴン2005/03/12 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

2005/3/6 ジャンクスポーツ 曙

生ゴン2005/3/2 ゲスト小島聡&和田京平

鈴木みのるの謙吾評

海賊男2005/02/04 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

生ゴン2005/01/29 ゲスト佐藤光留【1】 【2】

生ゴン2005/1/28 ゲスト佐山聡皇帝【前編】

生ゴン2005/01/22 ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】 【後編】

上井文彦 対 高山善廣【対談】

生ゴン2005/1/15 ZST GP2特集【前編】 【後編】
生ゴン2005/1/5 ゲストお宮の松&佐伯繁

2004/12/31 中村和裕 VS ハイアン・グレイシー

2004/12/23ねるとん紅鯨団芸能人SP 中村和裕

2004/12/21中川家ん ゲスト高田延彦
【前編】 【後編】

生ゴン2004/12/12 ニセ大仁田劇場3部作

生ゴン2004/12/12 ゲスト佐伯繁

貴乃花伝説 & MORE by 村上和成

生ゴン2004/11/26高阪剛インタビュー
【前編】 【後編】

ニセ大仁田劇場

生ゴン2004/11/19生ゴン近藤有己スペシャルインタビュー

生ゴン2004/11/21ゲスト山宮恵一郎

2005/11/13 長州の謝罪と大谷の決意【ZERO-ONE】

2004/11/11 大谷のマイク【ZERO-ONE】

生ゴン2004/11/04 ゲスト近藤有己

生ゴン2004/10/29 ゲスト菊田早苗

生ゴン2004/10/29 尾崎允実インタビュー

ZST煽りVコレクション アウレリロ VS 小谷

GCM対人力学ING#6 移籍問題

佐藤光留の乱 in 2004/10/12後楽園ホール

プライド侍#25 長南亮

生ゴン2004/10/08 近藤有己インタビュー

生ゴン2004/10/07 田村潔司ビデオメッセージ

生ゴン2004/10/02 ゲスト戦闘竜

プロレスの砦 ゲスト角田信朗編【機 【供

生ゴン2004/9/30 ゲスト長南亮

ZST6 サムライ中継観戦記
【機 【供 【掘 【検

プロレスの砦 藤原喜明編【機 【供

生ゴン2004/9/24 ゲスト入江秀忠編

WE ARE ZST GIRLS 小野寺愛&尾藤ゆう

生ゴン2004/09/10 所英男【前編】 【後編】

格闘家列伝 郷野聡寛
【コメント編】
【エピソード編】

格闘侍2004/09/02 田村潔司

生ゴン2004/08/29 ゲスト矢野通編

2004/8/14/ 鈴木みのる試合後インタビュー

生ゴン2004/08/10 ゲスト田村潔司編


【-】スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink |-
みゅーじっく】王者来阪
本日、なんばHatchで行なわれた、
YNGWIE MALMSTEEN大阪公演を見てきました。

開演時間ぎりぎりに到着し会場入りすると、
流れていた普通の洋楽ロックがジミヘンのパープルへイズ?に移行。
暫くすると、それを掻き消すようなギターの大音量が鳴り響き、
そうそう、これこれ、インギーのライブはこれから始まるんだよねと思っていると、
あのイントロが流れ、わかっているファンが盛り上り、
Rising Forceからスタート。
続きを読む >>
| みゅーじっく | permalink |trackbacks(1)
みゅーじっく】耳コピ寺子屋
現在発売中のYOUNG GUITAR 2005年10月号に載っているのは
耳コピ寺子屋」という講座。
これ、如何に耳コピするかをわかりやすく解説と、
今、そういうことが出来るようになりたいと願う俺には
打って付けのもので、熟読したんですが、
どういう風にするかというと。


OZZY OSBOURNEの「Mama I'm Coming Home」のギターソロを例に、
まずロングトーンを聴き取る。
そこから大体のポジションを想定。
その前後の音を聴き取る。
ハンマリング、プリング等の細かいニュアンス等も聴き取る。
最後に音色や前後の関係から、ポジションを決定する。
と、こういう過程を経てすると書かれていました。

耳コピは、弾かれる音を順番に拾っていくと思っていたので、
この、まずはロングトーン、というところに驚いたんですが、
これを学べただけでも、1歩進んだかもしれないですし、
この号の価値はあったなと思いましたね。
続きを読む >>
| みゅーじっく | permalink |trackbacks(0)
みゅーじっく】ペンタトニック
先週放送された、ゲストが蝶野正洋の「ヘビメタさん」を見ましたが、
その中のコーナー。
日本の曲は全部、メタルに聴こえてしょうがないと言い張るマーティ・フリードマン
「メタル魂 in JAPAN」。

今回、彼がメタル魂を見付けたのは、
小柳るみ子の「お久しぶりね」でした。

鮎貝健「このメロディーがなんでロック?
ポイントは?

マーティ「スケール、音階。
ペンタトニックスケールという音階があるんですけど、
技術的なんですけど、ペンタって5のこと
。」

ちなみにその音階はヘビーメタルの素ですよ。
例えば、レッドツェッペリンの「How Many More Time」
KISSの「God Of Thunder」とか、
それともう1つはBON JOVIの曲なんですけど
、」
と言って彼が弾いたのは「Living On a Player」。

マーティ「だからその音階さえあれば色々な名曲が弾けると思います
鮎貝「『お久しぶりね』もロックのスケールで、
ペンタトニックスケールで作ってあるのね

マーティ「そうです、だからほんとに色々な曲繋いでも
全然普通と思います。
全然びっくりしない
。」
続きを読む >>
| みゅーじっく | permalink |trackbacks(0)
みゅーじっく】「Spanish Castle Magic」
今日、9月18日というと、ジミ・ヘンドリックスの命日。

1970/9/18 に亡くなったジミヘン。
彼の追悼番組での、ギターを燃やしたりという、
その過激なパフォーマンスに衝撃を受け、
7歳だったイングヴェイ・マルムスティーン
ギターに目覚めたという有名な話。

ジミヘンがいなければ、今のイングヴェイは
いなかったかもしれませんし、
イングヴェイがいなければ、
彼のフォロワーたちも、いなかったでしょうし、
そう考えると、今の音楽シーンに
多大な影響を与えた人といっても過言ではないでしょう。


連綿と続く音楽の歴史に足跡を残した偉大なるギタリスト、ジミ・ヘンドリックス。
個人的には、あまり好みではないんですが、
今日ぐらい、彼を偲び、彼の残した音楽に耳を傾けて、
と言いたいところですが、ジミヘンは持ってないんですよね。
そこで、
続きを読む >>
| みゅーじっく | permalink |trackbacks(4)
みゅーじっく】「この曲は誰のために泣いてるんだい?」
SEVENTH SIGN
YNGWIE MALMSTEEN「SEVENTH SIGN」

イングヴェイ・マルムスティーン
1994年に発表した7thアルバム
SEVENTH SIGN」に収録された「Brothers」。

イングヴェイには兄がおり、
ひさしぶりにということで数年ぶりに会ったらしいんですが、
その数ヶ月後、スウェーデンでは滅多に起こらないという、
電車の事故で、彼の兄は帰らぬ人に。
虫のしらせなのか、亡くなる前に俺に会いに来たのかもしれないと
述懐するイングヴェイでしたが、
彼がその亡き兄のことを思い作った曲、それがこの「Brothers」。

これにまつわる有名なエピソードというと、
この曲のデモテープを完成させたイングヴェイ。
タクシーを拾い、今、できたばかりのこの曲をかけてもらうと、
ロシア人年老いた運転手「この曲は誰のために泣いてるんだい?
続きを読む >>
| みゅーじっく | permalink |trackbacks(1)


| 1/8PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PAGE NAVI
  >>
こうさぎ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BLOGPEOPLE
 
 
登録しちゃいな!!by BlogPeople
MY BLOG LIST
 
 
RECOMMEND
K-1 HERO’S
2005/3/26 HERO’S

ZST
ZST

ZST 2
ZST 2

ユーズ・ユア・イリュージョンI
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION機
ユーズ・ユア・イリュージョンII
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION供

コントラバンド VELVET REVOLVER「CONTRABAND」

Rising Force YNGWIE J MALMSTEEN「RISING FORCE」

イメージズ・アンド・ワーズ
DREAM THEATER「IMAGES AND WORDS」

ジョジョの奇妙な冒険 (46)
荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険

JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
JOJO6251―荒木飛呂彦の世界

宝島 (下)―グイン・サーガ外伝(17)
栗本薫 グインサーガ

メロメロパーク