FINAL DOWN

All the love in the world couldn't save you All the innocence inside
1時間ごとに更新!! Amazon売れ筋トップ100
音楽 DVD ビデオ TVゲーム エレクトロニクス ホーム&キッチン

文字起こし
ニュース侍!2005/11/8 ゲスト田村潔司
【1】【2】【3】【4】

ニュース侍!2005/10/14 菊田早苗
【1】【2】【3】【4】

2005/10/12 K-1 MAXでの前田日明語録

J SPORTS ZST特集 ゲスト所英男
【1】【2】

ニュース侍!2005/10/4 ゲスト近藤有己
【前編】【中編】【後編】

ニュース侍!2005/9/20 近藤有己インタビュー

ニュース侍!2005/9/9 ゲスト 岡見勇信 & 門馬秀貴
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/9/6 ゲスト村上和成
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/8/2 ゲスト柴田勝頼 &上井文彦【前編】【後編】

前田日明の語る2005/7/6HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

K-1ハワイ大会での前田日明語録 【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】
谷川、武蔵が語る前田日明【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】

前田日明とノブ・ハヤシの会話【2005/8/6 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#1】

2005/7/22 ニュース侍!ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!ゲスト高橋義生【PANCRASE】
【前編【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!桜木裕司 インタビュー

2005/6/20 PRIDE GPまであと7日!夏の女祭り
田村潔司編 瀧本誠編

2005/6/14 ニュース侍! ゲスト河野真幸
【前編】 【中編】【後編】

ニュース侍!2005/6/4 ゲスト桜井"マッハ"速人
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/6/2 ゲスト佐山聡
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/5/30 ゲスト村上和成【ビッグマウス】【前編】 【後編】

ヘビメタさん2005/5/21 ゲスト武藤敬司
【前編】 【中編】 【後編】

永田裕志 対 山本宜久【新日本プロレス2005/5/14】
【前編 【後編】

鈴木みのるエキシビジョンマッチ【2005/5/1 PANCRASE】

2005/5/4 闘魂ネットワーク 永田さん、前田に反論【前編】 【後編】

ニュース侍!2005/4/29 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

前田日明、RIKIPRO来場

2005/4/12 浅草キッドの海賊男#78 前田日明編
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

ニュース侍!2005/4/12 長州力が語る前田日明

2005/4/5 浅草キッドの海賊男#77 前田日明編
【1】 【2】 【3】

前田が船木に謝罪

生ゴン2005/03/18 ゲスト高阪剛
【前編】 【中編】 【後編】

生ゴン2005/03/12 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

2005/3/6 ジャンクスポーツ 曙

生ゴン2005/3/2 ゲスト小島聡&和田京平

鈴木みのるの謙吾評

海賊男2005/02/04 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

生ゴン2005/01/29 ゲスト佐藤光留【1】 【2】

生ゴン2005/1/28 ゲスト佐山聡皇帝【前編】

生ゴン2005/01/22 ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】 【後編】

上井文彦 対 高山善廣【対談】

生ゴン2005/1/15 ZST GP2特集【前編】 【後編】
生ゴン2005/1/5 ゲストお宮の松&佐伯繁

2004/12/31 中村和裕 VS ハイアン・グレイシー

2004/12/23ねるとん紅鯨団芸能人SP 中村和裕

2004/12/21中川家ん ゲスト高田延彦
【前編】 【後編】

生ゴン2004/12/12 ニセ大仁田劇場3部作

生ゴン2004/12/12 ゲスト佐伯繁

貴乃花伝説 & MORE by 村上和成

生ゴン2004/11/26高阪剛インタビュー
【前編】 【後編】

ニセ大仁田劇場

生ゴン2004/11/19生ゴン近藤有己スペシャルインタビュー

生ゴン2004/11/21ゲスト山宮恵一郎

2005/11/13 長州の謝罪と大谷の決意【ZERO-ONE】

2004/11/11 大谷のマイク【ZERO-ONE】

生ゴン2004/11/04 ゲスト近藤有己

生ゴン2004/10/29 ゲスト菊田早苗

生ゴン2004/10/29 尾崎允実インタビュー

ZST煽りVコレクション アウレリロ VS 小谷

GCM対人力学ING#6 移籍問題

佐藤光留の乱 in 2004/10/12後楽園ホール

プライド侍#25 長南亮

生ゴン2004/10/08 近藤有己インタビュー

生ゴン2004/10/07 田村潔司ビデオメッセージ

生ゴン2004/10/02 ゲスト戦闘竜

プロレスの砦 ゲスト角田信朗編【機 【供

生ゴン2004/9/30 ゲスト長南亮

ZST6 サムライ中継観戦記
【機 【供 【掘 【検

プロレスの砦 藤原喜明編【機 【供

生ゴン2004/9/24 ゲスト入江秀忠編

WE ARE ZST GIRLS 小野寺愛&尾藤ゆう

生ゴン2004/09/10 所英男【前編】 【後編】

格闘家列伝 郷野聡寛
【コメント編】
【エピソード編】

格闘侍2004/09/02 田村潔司

生ゴン2004/08/29 ゲスト矢野通編

2004/8/14/ 鈴木みのる試合後インタビュー

生ゴン2004/08/10 ゲスト田村潔司編


<< 再構築 | main | プロレスの砦 藤原善明編 パート供敍8響函 >>
【-】スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink |-
ばとる2004/07〜2004/12】生ゴン2004/10/8近藤有己インタビュー【PANCRASE】
本日、生ゴンで放送された近藤有己独占インタビューの模様。
聞き手、矢野武。

矢野「シウバ戦から二ヶ月近く経ちますけども、その時の前と後で、
プライベート含めて、何かこう、一番変わったなっていうのはありますか?」

近藤「そうですね、
負けたっていう現実があるっていうことが変わりましたね。」

矢野「はー、その現実はどういう?具体的に。」
近藤「ぅーーん、よりこう、やっぱり、もっと努力したいなっていう風に
心から思うようになったというか。
前は手抜いてるわけじゃないですけども。
今の方が、ほんとに、もっと強くなりたいと思ってますね、以前よりは。」



矢野「まーでも8月15日のヴァンダレイ・シウバ戦の、前一週間っていうのは
いろんなことがあったでしょうね、取材も含めて。
違うな今までと、って一番感じたのはどこですか?」

近藤「そうですねー、期待ですね。
期待というか、やっぱり自分に勝って欲しいっていうか
その試合が見たいっていう声とかも
今までの試合とは全然違いましたね」


矢野「自分の試合っていうのは最初に見たのはいつですか?改めて。」
近藤「えーっと、控え室帰ってきてすぐですね、テレビでやってたじゃないですか?
映ってましたね。
試合の記憶とかないんで、やられた記憶がなかったんで、それをこう見ながら、
こんな風にやられてしまったんだなっていうか
ショックでしたね、自分がまさかああいう風にやられる、、、
やられないと思ってたんで、ああいう姿を人前に見せることはないと思ってたんですよね、
だからすごいショックでしたね。」


矢野「ああいう姿っていうのはどの姿が一番ショックでした?」
近藤「失神したっていうのが一番ショックだったのかもしれないですね。
人前で失神したのは初めてでしたね。」


矢野「入場のシーンで近藤選手、自分自身ではどうした?景色見えてました?」
近藤「そうですねー、、、景色見えて、、、見てなかったですね」
矢野「緊張してました?」
近藤「緊張はほんとにしてなかったですね。今まで一番してなかったし
怖さっていうか恐怖心をコントロールできてたというかなかったというか。

だからいつもそう思う自分が嫌だと思う緊張とか恐怖心みたいなのは
ほんとになかったですね。
自分自身、そういうのが嫌で、
自分なりに研究しててそれでいつのまにか不動心って呼ばれるようになったんですけど、
それが一個、形としてちょっとできたなっていうのがありましたね。」


矢野「ところで打撃戦でしたよね?
打撃しかなかったですよね、あの戦い。
やっぱり打撃ですか?近藤選手のベースは。」

近藤「いや、そんなことないなと。なんていうんですかね、
自分の中で打撃に拘っていたのがなくなったというか、あの試合を経て。
もう打撃に対して怖がる自分っていうのが克服できたっていうのがあるんで
なんかこう、打撃の対戦相手に対して組み合うと負けてるっていうか、
逃げてるっていう意識があったんですけど
自分の中では一区切りつけれたというのがあるんで
もっと戦い方を柔軟に考えていきたいですし、
いろんなことを見せていきたいですね、やってみたいですし。

自分の中でなんて言うんですかね?
打撃に強い人間に対しての、打撃に対する恐怖ってすごいあるんですよ、
極められる恐怖心よりも。
たぶん、極められてもギブアップしたら放してくれるっていうのがあるんですかねー
あれでもギブアップしても放してくれなかったらまた別だと思うんですけど、
組み技の強い選手に対する恐怖心も違うと思うんですけど。

まー、そういう、戦いに向かう恐怖心みたいなのが一個、克服できたなと。
あのー、シウバに限らないですね、自分の中でずっと拘っていたのが
一個乗り越えたなっていうか。」


矢野「あの、私ずっとかなり前ですけど、
セームシュルトに破れた後、お食事させてもらいまして
なんかあの時も、破れた後の近藤有己選手をみんな見てるんじゃないっすか、みたいなことを
すごい思ったんですけど。
やっぱりそういう敗戦から何か掴むものっていうか、よくありがちですけども。
敗戦ってなんですか?」

近藤「敗戦、、、敗戦は、、、なんていうんですかね?
伸びる要素だと思いますね。
今まで以上に伸びる要素になると思いますね。」

矢野「自分に向き合わなければいけないですよね?
はい、やっぱりモチベーションも全然違いますしね、その、負けたことで。
どうなるんですか?」

近藤「今、すごい上がってますね。」
矢野「おー、そうですか。対ヴァンダレイ・シウバに?」
近藤「対ヴァンダレイ・シウバっていうより、もっと強くなりたいっていう、広い意味で。」
矢野「トレーニングのモチベーションっていうのを含めて、
何が近藤有己をこの場所で戦わせるっていうのは?」

近藤「うーん、戦って強くないと、どんだけ、たとえば歌がうまいとか、
ルックスがいいとか足が長いとか、
女の子にもてる要素が盛りだくさんあったとしても
戦って弱かったら、僕の中ではすごいかっこ悪いことなんでねー、僕の中では。」

矢野「男っていうのは?」
近藤「ほんとに戦って強いというのがかっこよさのベースっていうのがありましたね。」
矢野「近藤選手は戦いをどう見てるんですか?見る側としては。何を見るんですか。」
近藤「うーん、いかにして相手を制しているのかなというところですね。」
矢野「制してる?ぶっ倒してるんじゃなくて?」
近藤「ぶっ倒してるのも僕の中では制してるんですけど。
如何にそいつの体を作って有効なしかけをしてるかっていうか、
そのアクションを起こしているかっていうか。」

矢野「自分からしかけることも含めて?」
近藤「そうです、相手のしかけに対する切り替えしとかも、はい。」

矢野「不動心ってなんですかって聞かれたらなんて答えます?」
近藤「うーん、なんすかねー、まー、動揺しないっていうか、
動揺しないで、自分の力を100揚揮するっていうか、発揮する心っていうか。」


矢野「いわゆる、不動心って無感動とか無表情とか、
そういう人間的ではないもと、ということでないんですか。」

近藤「そうですね、ではないですね。
すごい人間的な感情というか、そのー、、、なんていうんですかね?
いろんなもの見るじゃないですか、いろんな物に対して思うこと、あると思うんですよ。
で、そこで嫌だなって思ってしまったりとか、むかついてしまったりとか
そういうマイナスな部分を如何にコントロールするっていうのが大事だと思いますね。
試合でこれは無理っぽいぞっていうマイナスの部分をちゃんと制して
自分の力を出し切るぞっていうのもあると思うんですよね。」


矢野「私、思ってたのは不動心っていうのは、ある意味、回りをシャットアウトして、
回りを聞かない、自分だけっていうのを確立させると思ってたんですけど
そうすれば自分しか見えないし、自分だけを信じればそれでいいっていう。」

近藤「たぶん、まー、それに近かったときもあったと思いますけど
だんだん自分なりに不動心の進化を。
今はそういう風に思ってないです。」


矢野「パンクラスで96年にデビューしてその間8年間ですか。
その中でシウバ戦とは何だったんですかね?」

近藤「一つの形を出すとこまでたどり着いたなっていうか。
なんかこだわ、、、ちょっとあれですね?(苦笑」

矢野「いやいやいや大丈夫ですよ?」
近藤「ようやくスタートみたいな?
所謂、ほんとのほんとにまー、なんと言うんですかね?
また新たなスタートですかね?
新たっていうか、また一段、スタート出来る機会っていうか、
新たなスタートを切れるチャンスを貰ったなって感じですかね?」


矢野「例えば、リクエストもあったんですけど、聞いて欲しいっていう。
あの戦いってもう一回いけばいけるかなっていう感覚もあるのかな?
例えば、10回やれば5回勝てるのか」

近藤「いや、それはほんとわかんないですね。
自分の中ではあのままだったら、10回やって10回負けるぐらいっていうか、
絶対勝てないっていうか。
今すごい勝ちたいですよね。勝てるか勝てないかはわかんないですけど
前以上に、勝ちたいっていう、絶対勝つっていう感じですね。」


矢野「欲望ってエネルギーですよね、ものすごい。」
近藤「そうですね、欲望はすごいありますね
やっぱり負けて自分のその、足りない所がわかるじゃないですか
足りないところっていうか自分がシウバより弱いっていうのが
自分自身わかったんで。
目標とするものがありますよね、シウバより強くなりたいっていう欲望ですね。」


矢野「シウバと戦いましたよね?
再戦っていう以外に何か先はあるんですか?
具体的にあります?」

近藤「具体的には来年なんかミドル級のGPあるらしいじゃないですか
あれはほんと是非出場して優勝したいですね」

矢野「力試ししたいって感じなんですか?」
近藤「力試しっていうか目標としてますね。」

矢野「じゃ近藤選手、これからの近藤有己、我々はどう見ていけばいいのか、
よろしくお願いします。」

近藤「これからもどんどん、そのー、進化していってどんどん勝っていきたいと思うんで
あの是非、見守って応援してください。」

矢野「硬いですねー(笑」
近藤「硬いっすか?駄目っすねー?(苦笑 相当、苦手ですねー。。。
ありがとうございました。」


インタビューの印象としては、求道者というか、
格闘技を通して、より自分を高めようとしているように思われ、
普通の格闘家よりも精神性が高いなと感じました。
これがいっちゃうと船木みたいになるのかという危険性も感じますが。

不動心というのも、
マイナスな部分を如何にコントロールするか
なるほどー。
ただ、このインタビュー、最後で不動心が少し崩れてましたね(笑

よかったら、クリックしてやってください⇒人気blogランキング
| ばとる2004/07〜2004/12 | permalink |trackbacks(2)
【-】スポンサーサイト
| - | permalink |-
この記事のトラックバックURL
http://jecht.jugem.cc/trackback/129
トラックバック
渋谷・表参道・六本木で無数の女性をスカウトした男の恋愛心理学
こんにちは、元スカウトマンです。300人以上のスカウトに成功した元スカウトマンが、女にもてる男になる方法【モテ道】を指南します。もてたい方はどうぞお立ち寄り下さい。女には一切困らないという方はご遠慮下さい。ご訪問、意見・反論お待ちしています。トラック
| スカウトマンの恋愛心理学 【モテ道】 | 2007/03/29 11:45 PM |
岡山放送
本日は岡山放送の取材がありました。対応したのは、さわやかな笑顔の石本支配人夏のプランやお料理のご紹介をしました。6月2日放送です。といっても、愛媛の人は見れないですが・・また、詳しいことは後日ご報告いたします。お楽しみに♪そうそう、夏の予約もどんどんは
| 道後温泉茶玻瑠の温泉宿日記 | 2007/05/22 2:03 PM |


| /PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PAGE NAVI
 
こうさぎ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BLOGPEOPLE
 
 
登録しちゃいな!!by BlogPeople
MY BLOG LIST
 
 
RECOMMEND
K-1 HERO’S
2005/3/26 HERO’S

ZST
ZST

ZST 2
ZST 2

ユーズ・ユア・イリュージョンI
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION機
ユーズ・ユア・イリュージョンII
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION供

コントラバンド VELVET REVOLVER「CONTRABAND」

Rising Force YNGWIE J MALMSTEEN「RISING FORCE」

イメージズ・アンド・ワーズ
DREAM THEATER「IMAGES AND WORDS」

ジョジョの奇妙な冒険 (46)
荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険

JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
JOJO6251―荒木飛呂彦の世界

宝島 (下)―グイン・サーガ外伝(17)
栗本薫 グインサーガ

メロメロパーク