FINAL DOWN

All the love in the world couldn't save you All the innocence inside
1時間ごとに更新!! Amazon売れ筋トップ100
音楽 DVD ビデオ TVゲーム エレクトロニクス ホーム&キッチン

文字起こし
ニュース侍!2005/11/8 ゲスト田村潔司
【1】【2】【3】【4】

ニュース侍!2005/10/14 菊田早苗
【1】【2】【3】【4】

2005/10/12 K-1 MAXでの前田日明語録

J SPORTS ZST特集 ゲスト所英男
【1】【2】

ニュース侍!2005/10/4 ゲスト近藤有己
【前編】【中編】【後編】

ニュース侍!2005/9/20 近藤有己インタビュー

ニュース侍!2005/9/9 ゲスト 岡見勇信 & 門馬秀貴
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/9/6 ゲスト村上和成
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/8/2 ゲスト柴田勝頼 &上井文彦【前編】【後編】

前田日明の語る2005/7/6HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

K-1ハワイ大会での前田日明語録 【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】
谷川、武蔵が語る前田日明【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】

前田日明とノブ・ハヤシの会話【2005/8/6 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#1】

2005/7/22 ニュース侍!ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!ゲスト高橋義生【PANCRASE】
【前編【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!桜木裕司 インタビュー

2005/6/20 PRIDE GPまであと7日!夏の女祭り
田村潔司編 瀧本誠編

2005/6/14 ニュース侍! ゲスト河野真幸
【前編】 【中編】【後編】

ニュース侍!2005/6/4 ゲスト桜井"マッハ"速人
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/6/2 ゲスト佐山聡
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/5/30 ゲスト村上和成【ビッグマウス】【前編】 【後編】

ヘビメタさん2005/5/21 ゲスト武藤敬司
【前編】 【中編】 【後編】

永田裕志 対 山本宜久【新日本プロレス2005/5/14】
【前編 【後編】

鈴木みのるエキシビジョンマッチ【2005/5/1 PANCRASE】

2005/5/4 闘魂ネットワーク 永田さん、前田に反論【前編】 【後編】

ニュース侍!2005/4/29 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

前田日明、RIKIPRO来場

2005/4/12 浅草キッドの海賊男#78 前田日明編
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

ニュース侍!2005/4/12 長州力が語る前田日明

2005/4/5 浅草キッドの海賊男#77 前田日明編
【1】 【2】 【3】

前田が船木に謝罪

生ゴン2005/03/18 ゲスト高阪剛
【前編】 【中編】 【後編】

生ゴン2005/03/12 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

2005/3/6 ジャンクスポーツ 曙

生ゴン2005/3/2 ゲスト小島聡&和田京平

鈴木みのるの謙吾評

海賊男2005/02/04 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

生ゴン2005/01/29 ゲスト佐藤光留【1】 【2】

生ゴン2005/1/28 ゲスト佐山聡皇帝【前編】

生ゴン2005/01/22 ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】 【後編】

上井文彦 対 高山善廣【対談】

生ゴン2005/1/15 ZST GP2特集【前編】 【後編】
生ゴン2005/1/5 ゲストお宮の松&佐伯繁

2004/12/31 中村和裕 VS ハイアン・グレイシー

2004/12/23ねるとん紅鯨団芸能人SP 中村和裕

2004/12/21中川家ん ゲスト高田延彦
【前編】 【後編】

生ゴン2004/12/12 ニセ大仁田劇場3部作

生ゴン2004/12/12 ゲスト佐伯繁

貴乃花伝説 & MORE by 村上和成

生ゴン2004/11/26高阪剛インタビュー
【前編】 【後編】

ニセ大仁田劇場

生ゴン2004/11/19生ゴン近藤有己スペシャルインタビュー

生ゴン2004/11/21ゲスト山宮恵一郎

2005/11/13 長州の謝罪と大谷の決意【ZERO-ONE】

2004/11/11 大谷のマイク【ZERO-ONE】

生ゴン2004/11/04 ゲスト近藤有己

生ゴン2004/10/29 ゲスト菊田早苗

生ゴン2004/10/29 尾崎允実インタビュー

ZST煽りVコレクション アウレリロ VS 小谷

GCM対人力学ING#6 移籍問題

佐藤光留の乱 in 2004/10/12後楽園ホール

プライド侍#25 長南亮

生ゴン2004/10/08 近藤有己インタビュー

生ゴン2004/10/07 田村潔司ビデオメッセージ

生ゴン2004/10/02 ゲスト戦闘竜

プロレスの砦 ゲスト角田信朗編【機 【供

生ゴン2004/9/30 ゲスト長南亮

ZST6 サムライ中継観戦記
【機 【供 【掘 【検

プロレスの砦 藤原喜明編【機 【供

生ゴン2004/9/24 ゲスト入江秀忠編

WE ARE ZST GIRLS 小野寺愛&尾藤ゆう

生ゴン2004/09/10 所英男【前編】 【後編】

格闘家列伝 郷野聡寛
【コメント編】
【エピソード編】

格闘侍2004/09/02 田村潔司

生ゴン2004/08/29 ゲスト矢野通編

2004/8/14/ 鈴木みのる試合後インタビュー

生ゴン2004/08/10 ゲスト田村潔司編


<< 【SBR】#5「ディエゴ・ブランドー◆廖撻Ε襯肇薀献礇鵐 2005/9】 | main | 名器 >>
【-】スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink |-
ばとる】ニュース侍!2005/8/2 ゲスト柴田勝頼 &上井文彦 後編
ムタ対曙、どんなところで実現
上井文彦「んーやっぱり一番やっぱりそのなんていうんですかね、
曙さんにはプロレスが向いてると思いましたし、
曙さんの、ま、一番プロレスをやって、良さというんですかね、
曙さんの潜在能力を引き出してくれるのはグレートムタしかいないだろうということで、
しましたけど、また新しいグレートムタになるみたいですからね。」


武藤のコメントで、どうなるかわらないというような発言が
柴田勝頼「武藤敬司というレスラーを、
あのー、僕が語らしていただけるんであればですね、
物凄く恐らく、下地が出来たレスラーですよ。
だから高田延彦さんと以前やったことありましたよね。
で、恐らく柔道の基本が出来てますから、
ものすごく強いレスラーですから、プロレスの強さを
曙さんに目一杯叩き込んでくれるんじゃないかと思いますよ。
今度はね、あの、悪いムタだけではないと思いますよ。えー。」


曙ムタ
柴田「いや、いいんじゃないですか(笑」

村上選手は怖いプロレスを体現。喧嘩を感じさせる、
上井「そうですね、珍しく藤原さんにも誉められてましたけど、
怖いレスラーですよね、今、珍しい」
「これは柴田選手は、やっぱり」
柴田「え?なんですか?」

村上と連絡取り合ったり?
柴田「いやありますよ。
あのー、一緒に、メシ食ったり、会ったり、はい、連絡したりしてます。」


2人で理想のプロレスじゃないですけど、
柴田「だから同じ方向を向いていたから、
今、同じ会社にいるんじゃないですか。」


「同じ方向」是非教えてください
柴田「うーん、なんて、、、口、言葉だけで、
例え、、」

上井「戦闘態勢だったよね?
いつでも行ってやろうっていうのがあったよね?
ほんとにみんな。」

柴田「今、動かなきゃいつ動くんだって、
そういう気持ちで、飛びだしたっていうか。」


いつ何時誰とでも戦えるというのがプロレスラー
上井「ほんといつでも来いやっていう態勢だったですよね。
僕も、ほんとあの、新日本の渉外担当やってるときは
村上選手の傍には行きたくなかったですからね。
やられそうだったですからね。」


会場で会いたくない?
上井「会いたくないですね。
僕はほんとタイガージェットシン以来、嫌なレスラーだったですよ。」


天龍とは一番最近に戦った選手
柴田「最後に戦った、はい」

そんときにビール瓶でばしこーんというのもあったが
柴田「そうですね、なんか頭、おかしいですよね、
普通に考えたら。
50、50、何歳ですか?
55歳ですか。」


天龍は当初、俺はいらないんじゃないか?というような発言をしていたが
上井「いやー、もうびっくりしました、あれほんとに。
天龍さんだったら受けてくれると思って発表したんですけど、
もうやっぱりなんていうんですかね、長州佐々木戦を先に発表されたという、
プロレスラーとして、天龍源一郎としての男の意地があるんでしょうね。
ほんと驚きました、退かれるんじゃないかと思って。」


そういうことなんですか?
上井「いや絶対そうですよ。プライドありますよ。
やっぱりレスラーだって自分の試合順の位置とかそういうのもう絶対気にしますから、
気にしないと逆にダメですよね。
やっぱ天龍さんすごいですよね、その辺のところも。
やっぱり自分自身を大事にされてますよ。」



ドンフライはひさびさの試合
上井「そうですねー、ドンフライさんも高山さんとやった時の試合、思い出しますよね。
えー、いやほんと素晴らしかったですよね」


その相手が諏訪間。2代目ジャンボといわれているが
上井「そうですよね、高角度のジャーマンスープレックスホールドで
ドンフライが投げ飛ばされるのを見たいですよね。
やっぱり全日本プロレスの期待の星じゃないですか。
もうあの、大金星あげてもらいたいですよね。」


顎の怪我があるが
上井「まー、そんなこと言ったら、みんな怪我を抱えていますから」

柴田は顎大丈夫?
柴田「(顎を触りながら、一瞬猪木のマネをし)大丈夫ですね

はい大丈夫です、もう。全然大丈夫です、問題ないです」



ここで長州ミニインタビュー。カット


柴田選手、長州は気になる1人?
柴田「気に、なりますねー。」

この人と戦うという話も
柴田「ま、戦いますけどー。
今のあのー、コメント見てても、長州小力なんじゃないかって思うぐらいの(笑
ちょっと笑ってしまいましたね(笑」


「柴田選手、勝手なイメージ作ってたんですけど、意外と違う人なんですね(笑
普通に、無理してないですね」
柴田「無理してないですよ(笑
表に出ることがなかったんで。
まー、誤解、誤解じゃないけど、それはリングの上では僕はおちゃらけることはしないし。」


すぐ喧嘩を売ってくるようなイメージが
柴田「それはそれはプロレスですから。
まー、ファンタジーっとかいってますけど。
僕が戦う時間っていうのは、僕がやりたいようにやる、だけですね、とにかく。」


新しく生まれ変わるという意味では新日本の時のじゃないというのが大きい?
柴田「プラスアルファがなかったら、、
初心に返るっていうのがすごい大事、大事だと思ったんですよ。
で、一度心を無というか空の状態にして、頭の中、色々考えた結果、
初心に返るのは大事だけど、初心のままリングにあがってしまってはいかんのではないかと」


何故、選挙の演説風なんですか(笑
柴田「ふふ」



長州は相手が健介ということに、
上井「最初僕が、ほんとおそるおそるですよ、
このカードやりたいって言ったときはね、非常に冷静でしたよ。
お前がやりたいものはやる、受けるからっていうたった一言でしたよ。
一番最近に会った長州力はね、怒ってましたね。
こらえてましたね。
雑誌にあるコメントが載りまして、それからというもの
ちょっとあの、この件に関してはストイックになってましたね。
明日記者会見があるんですけど、行かないって言ってるだろ?
それ以上、聞けないです。それ以上、聞けないです。
ほんとあの、控え室の中にいる、あのー、長州さんに戻ってますね。
なんかもうよっぽど腸煮え繰り返ることがあったんでしょうね。」


それ以上、聞けないですか?
上井「聞けないですね。だからほんともう、
僕がこの試合どうなるかって思ってね、
ちょっと心配になってきた。」


健介は顔も見たくないと
上井「だから当然まー、仕事も入ってるんでしょうけど、
約束通り、2人とも試合当日まで顔会わさないですよね。
ほんとうにあの記者会見に来るだろうと思いましたけど、
2人とも貫き通しましたよね。
やっぱり僕たちが思う以上に、その、根は深いですよ。

あのですね、これは変な話、プロレスファンより関係者が色めきだってましたよね。
関係者はもうそれこそ、いきさつを知ってましたからね。
だからもう僕らはこういう時だけ関係者って言ったらいけないんだけど、
そういうのもあるから、あの、戦ったらどうなるだろうって
リング上で決着つけてくださいよ。
いつまでもずっといがみ合っても仕方ないじゃないですか。
僕らは狭いプロレス村でやってるわけじゃないですか。
だからそういうことで組んだんですけど、
火に油になる可能性もありますから、
今、僕はほんと怖いんですよね、今。」


リングもそうだが裏側の控え室も怖い
上井「いや、あまりにもすんなり決まりすぎたんですよ。
だから余計に、あの明後日が怖いです。
レフェリー大変ですよ。」


健介は顔も見たくないといいながら戦うことを了承
上井「えー、鬼嫁さんがね、コメントをしたことで
物凄い波紋を投げてますからね。」


北斗が思ってるみたい
上井「えー、あるっていうか、歯にきぬきせぬっていうんですかね、
わかりやすかったんで、あれがファンに通じたんじゃないですか。
ファンのことを考えて語ったと思いますけどね、
それがやっぱり長州さんの心の中に突き刺さったみたいですよ。」


どういう展開になるか
上井「わからないです」

200cmのサップと192か3cmのバーナード
イメージではバーナードの方がでかく見えるが
上井「バーナードの方がでかいんじゃないですか?」

数字で見るとサップの方が
上井「え?そうですか?
バーナード、大きいですよ」


W-1らしさが
上井「やっぱりそう、超ヘビー級の
肉弾のぶつかりあいっていうのはプロレスの醍醐味じゃないですか。
この2人だったら表現できると思いますから。
バーナードは十分ね、プロレスラーとしては超一流ですから、てんてこ舞いさせると思いますよ。
そういう試合見たいです、そういう試合みたいです。ほんとに。」


どっちが勝つと思います?
上井「あの、言ったらいけないですけど、僕、バーナードに力入りますね。

あのね、ボブサップさんは総合格闘技では
慌てるシーンがよく見られるでしょ?最近はね。
僕ね、プロレスでは慌てるとこは1回も見たこと無いです。
だから1回、バーナードさんにボブサップを慌てさせてもらいたいですね。
そういうことが出来る選手です、バーナードは。すごいです。」




視聴者からの質問
「プロレスには様々な形式の試合があるが、
何故シングルでのトーナメントを開催?」
上井「シングルが基本じゃないですかやっぱり。
あのプロレスというのはやっぱりタッグがあります。
4人タッグがあります、6人タッグがあります。
行く行くはですね、そういうものも考えてますよ。
とりあえずはシングルでトーナメントをやりましょうと。」


トーナメントに関しては?
上井「トーナメントという部分については、僕、はっきり言いますけど、
僕はね、トーナメントは難しいと思ってました。
それでなくても、そのなんていうんですか、いろんな団体のトップが来ますし、
難しいと思ってましたし、
プロレスというのはいろんなものがあって、っていうのがありましたんで、
ただみんなで集まってやろうっていうことなんで、
こういう形になりました。」


トーナメントがW-1ではなくて、W-1の一つの形
上井「そういうことですね、はい。」


「何故、新日G1と被るこの時期に開催?
個人的には時期をずらして、新日勢にも参加して欲しいのだが。」
上井「その通りです。その通りです、全くその通りです。
申し訳無いです、申し訳無いです、すいません、
その他の選手と、あと会場の空き具合を考えると、ここしかなかったんです。」



カメラに向かって意気込みを。1番カメラに
柴田「(襟を正し、カメラを手で指し、何か小声でどのカメラを確認し、)
はい、もう、あの、やるだけです。
えー、え、何も、描かれてない、まっさなら、キャンパスに、
リングというキャンパスに、自分なりに絵を、絵をかぃ、描きたいと思います。」


おふたがた、ありがとうございました。
柴田「ありがとうございました」
上井「どうもありがとうございました」


何回かに分けるべき分量ですが、
全部終わったので一気に公開してみました。
いやしかし、これだけやるのは正直きついと愚痴って締め☆
| ばとる | permalink |trackbacks(0)
【-】スポンサーサイト
| - | permalink |-
この記事のトラックバックURL
http://jecht.jugem.cc/trackback/698
トラックバック


| /PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PAGE NAVI
 
こうさぎ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BLOGPEOPLE
 
 
登録しちゃいな!!by BlogPeople
MY BLOG LIST
 
 
RECOMMEND
K-1 HERO’S
2005/3/26 HERO’S

ZST
ZST

ZST 2
ZST 2

ユーズ・ユア・イリュージョンI
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION機
ユーズ・ユア・イリュージョンII
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION供

コントラバンド VELVET REVOLVER「CONTRABAND」

Rising Force YNGWIE J MALMSTEEN「RISING FORCE」

イメージズ・アンド・ワーズ
DREAM THEATER「IMAGES AND WORDS」

ジョジョの奇妙な冒険 (46)
荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険

JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
JOJO6251―荒木飛呂彦の世界

宝島 (下)―グイン・サーガ外伝(17)
栗本薫 グインサーガ

メロメロパーク