FINAL DOWN

All the love in the world couldn't save you All the innocence inside
1時間ごとに更新!! Amazon売れ筋トップ100
音楽 DVD ビデオ TVゲーム エレクトロニクス ホーム&キッチン

文字起こし
ニュース侍!2005/11/8 ゲスト田村潔司
【1】【2】【3】【4】

ニュース侍!2005/10/14 菊田早苗
【1】【2】【3】【4】

2005/10/12 K-1 MAXでの前田日明語録

J SPORTS ZST特集 ゲスト所英男
【1】【2】

ニュース侍!2005/10/4 ゲスト近藤有己
【前編】【中編】【後編】

ニュース侍!2005/9/20 近藤有己インタビュー

ニュース侍!2005/9/9 ゲスト 岡見勇信 & 門馬秀貴
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/9/6 ゲスト村上和成
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/8/2 ゲスト柴田勝頼 &上井文彦【前編】【後編】

前田日明の語る2005/7/6HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

K-1ハワイ大会での前田日明語録 【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】
谷川、武蔵が語る前田日明【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】

前田日明とノブ・ハヤシの会話【2005/8/6 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#1】

2005/7/22 ニュース侍!ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!ゲスト高橋義生【PANCRASE】
【前編【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!桜木裕司 インタビュー

2005/6/20 PRIDE GPまであと7日!夏の女祭り
田村潔司編 瀧本誠編

2005/6/14 ニュース侍! ゲスト河野真幸
【前編】 【中編】【後編】

ニュース侍!2005/6/4 ゲスト桜井"マッハ"速人
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/6/2 ゲスト佐山聡
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/5/30 ゲスト村上和成【ビッグマウス】【前編】 【後編】

ヘビメタさん2005/5/21 ゲスト武藤敬司
【前編】 【中編】 【後編】

永田裕志 対 山本宜久【新日本プロレス2005/5/14】
【前編 【後編】

鈴木みのるエキシビジョンマッチ【2005/5/1 PANCRASE】

2005/5/4 闘魂ネットワーク 永田さん、前田に反論【前編】 【後編】

ニュース侍!2005/4/29 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

前田日明、RIKIPRO来場

2005/4/12 浅草キッドの海賊男#78 前田日明編
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

ニュース侍!2005/4/12 長州力が語る前田日明

2005/4/5 浅草キッドの海賊男#77 前田日明編
【1】 【2】 【3】

前田が船木に謝罪

生ゴン2005/03/18 ゲスト高阪剛
【前編】 【中編】 【後編】

生ゴン2005/03/12 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

2005/3/6 ジャンクスポーツ 曙

生ゴン2005/3/2 ゲスト小島聡&和田京平

鈴木みのるの謙吾評

海賊男2005/02/04 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

生ゴン2005/01/29 ゲスト佐藤光留【1】 【2】

生ゴン2005/1/28 ゲスト佐山聡皇帝【前編】

生ゴン2005/01/22 ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】 【後編】

上井文彦 対 高山善廣【対談】

生ゴン2005/1/15 ZST GP2特集【前編】 【後編】
生ゴン2005/1/5 ゲストお宮の松&佐伯繁

2004/12/31 中村和裕 VS ハイアン・グレイシー

2004/12/23ねるとん紅鯨団芸能人SP 中村和裕

2004/12/21中川家ん ゲスト高田延彦
【前編】 【後編】

生ゴン2004/12/12 ニセ大仁田劇場3部作

生ゴン2004/12/12 ゲスト佐伯繁

貴乃花伝説 & MORE by 村上和成

生ゴン2004/11/26高阪剛インタビュー
【前編】 【後編】

ニセ大仁田劇場

生ゴン2004/11/19生ゴン近藤有己スペシャルインタビュー

生ゴン2004/11/21ゲスト山宮恵一郎

2005/11/13 長州の謝罪と大谷の決意【ZERO-ONE】

2004/11/11 大谷のマイク【ZERO-ONE】

生ゴン2004/11/04 ゲスト近藤有己

生ゴン2004/10/29 ゲスト菊田早苗

生ゴン2004/10/29 尾崎允実インタビュー

ZST煽りVコレクション アウレリロ VS 小谷

GCM対人力学ING#6 移籍問題

佐藤光留の乱 in 2004/10/12後楽園ホール

プライド侍#25 長南亮

生ゴン2004/10/08 近藤有己インタビュー

生ゴン2004/10/07 田村潔司ビデオメッセージ

生ゴン2004/10/02 ゲスト戦闘竜

プロレスの砦 ゲスト角田信朗編【機 【供

生ゴン2004/9/30 ゲスト長南亮

ZST6 サムライ中継観戦記
【機 【供 【掘 【検

プロレスの砦 藤原喜明編【機 【供

生ゴン2004/9/24 ゲスト入江秀忠編

WE ARE ZST GIRLS 小野寺愛&尾藤ゆう

生ゴン2004/09/10 所英男【前編】 【後編】

格闘家列伝 郷野聡寛
【コメント編】
【エピソード編】

格闘侍2004/09/02 田村潔司

生ゴン2004/08/29 ゲスト矢野通編

2004/8/14/ 鈴木みのる試合後インタビュー

生ゴン2004/08/10 ゲスト田村潔司編


【-】スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink |-
こみっく】【SBR】#4 ディエゴ・ブランドー【ウルトラジャンプ 2005/8】
本日発売されたのはウルトラジャンプ8月号。
いつの間にか、前号を読んでから1ヶ月経っていたわけですが、
毎月書いていかないと何時か読み逃してしまいそうで。

さて、今話ではレースの2nd.STAGEが終了し、そのまま3rd.STAGEへと突入。
そしてタイトル通り、Dioがメインで絡んでくる話なんですが、
3rd.開始早々、ジャイロとジョニィが発見したのは
落馬し頭から血を流しへたれ込んでいるDio。

命にかかわる負傷かもしれないと様子を見に近づくジャイロを邪険にあしらい、
Dio「余計なお世話だ
さっさと先に行け、おまえら!
どうせ・・・
最後に追い抜くのはこのDioだ」


今までのイメージ通り、誇り高きDioっぷりを見せたものの、
先に進んだ2人に追い付いた彼は豹変し、異常なはじけっぷりを見せ、
過去のイメージをぶち破った、新たなDioが出現。

Dio「廻り道しようと思ったら、
このうち片方がなんとオレの馬に道を譲ってくれたんだ。
親切にも譲ってくれたんだぜ
動物だが・・・

いったいどっちの猛獣が馬に道を譲ってくれたと思う?
クーガーか?
ガラガラヘビか?
どっちだと思う?

答えは

続きを読む >>
| こみっく | permalink |trackbacks(0)
こみっく】【SBR】#3 大統領命令「死体を探せ」【ウルトラジャンプ 2005/7】
いつの間にか発売されていたウルトラジャンプ。
漫画の月刊誌というのは、どうもまだ俺に馴染んでいなく、
危うく、SBRを読み逃してしまうとこでした。

ジョニィ「渡したくない・・・
この左の手の中にあるもの・・・
足が動くんだよ・・・

ジャイロ、見たろ?
足が動くんだ
ボクは感謝したんだ
レースに参加したことを感謝したんだ
この『左手』を拾えたことで命を失ってもいいと思った

渡したくない
こんな取るにたりないこのボクに
生きる目標が出来たことに
本当に感謝したんだ」



半身不随のジョニィが見つけた希望の光『左手』。
しかし、彼はジャイロを救うために、
その『左手』を敵に渡そうとするんですよね。
前話では、自らの危険を省みず、
ジョニィに逃げろと、敵の居場所を伝えたジャイロでしたが、
何かに引き寄せられたのか、偶々出会った二人が
SBRレースを通して、自らのことよりも相手のことを思いやり、
友情を育んでいく様も描かれている荒木飛呂彦著、
ジョジョの奇妙な冒険第7部「STEEL BALL RUN」。
素晴らしいですね。

さて、ジョースターとツェペリといえば、
第1部のジョナサン・ジョースターとツェペリ男爵や、
血染めのシャボン玉が泣ける、
第2部のジョセフ・ジョースターとシーザー・ツェペリの関係もありましたが、
あれとは全く異なる間柄のジョニィ・ジョースターとジャイロ・ツェペリ。
今後、彼らがどうなっていくのか非常に楽しみです。


ついでに、今話でつぼだったのが、この荒木語録
ジャイロ「人の話、半分だけ聞いて
人を批判するタイプだろ!テメー」

いつかこのセリフ、使ってみようと心に誓った次第。

スティール・ボール・ラン 1 (1)
Amazon:荒木飛呂彦「スティール・ボール・ラン」1巻

おもしろかったらクリックplz⇒人気blogランキング
| こみっく | permalink |trackbacks(0)
こみっく】【SBR】#1 大統領命令「死体をさがせ」【ウルトラジャンプ 2005/5】
2005/4/19発売ウルトラジャンプで本格始動した、
荒木飛呂彦著「STEEL BALL RUN」。
先月号では、ジャイロが、無垢な少年を救うために
このレースに参加したという動機が描かれていましたが、
今回、遂にSTEEL BALL RUNレースの謎の一端が明らかに。

「スティール様、、、
あなたはこの大陸横断レースを成功させる他に
何かこのレースに別の目的があるんですか?」


「ジャイロ・ツェペリは見つけたのだよ、
悪魔のてのひらでな。」


「ジャイロ・ツェペリがこのレースに参加した目的は
我々と同じように、その死体を見つけるためだと?」


「あの死体を手に入れる事が正義だ。」


ジョニィの身に起きた異変、
襲いかかる新たな能力者、
また、この作品、ジョジョの世界のパラレルワールドということで
過去、DIOやアブドゥルに似た人が登場しましたが、
今回ではなつかしのあの人も登場。

今回より正式にジョジョの奇妙な冒険第7部と表記されたSBR。
巻頭カラー56ページということでお見逃しなく!!
おもしろかったらクリックplz⇒人気blogランキング
| こみっく | permalink |trackbacks(0)
こみっく】SBR再開
本日2005/3/19発売のウルトラジャンプ4月号で漸く、連載が再開された、
荒木飛呂彦著、ジョジョの奇妙な冒険、第7部「STEEL BALL RUN」。

今回は、本格再開を目前に控えたプロローグ編ということで、
ジャイロ・ツェペリがこのレースに参加する動機となった、
少年とのエピソードが、もう少し深く描かれていますので、
週刊少年ジャンプで読まれていた方は、お見逃しなく!!

「感傷とは心のスキ間であり弱さ」
「感傷という心は危険だぞ。
おまえの未来を永遠に惨めなものにしかねない。
忘れるな。」
「これがツェペリ一族」

しかし、その感傷がジャイロを、、、

なお、本格再開は2005/4/19発売ウルトラジャンプ5月号からだそうです。
Steel Ball Run(スティール・ボール・ラン)3
Amazon:荒木飛呂彦 Steel Ball Run 3巻
⇒ウルトラジャンプ
⇒FINAL DOWN:MTV「SOUL'd OUTスペシャル」2005/2/3 ゲスト荒木飛呂彦

ランキングにご協力ください⇒人気blogランキング
| こみっく | permalink |trackbacks(0)
こみっく】MTV「SOUL'd OUTスペシャル」2005/2/3 ゲスト荒木飛呂彦
MTV「SOUL'd OUTスペシャル」(初回放送2005/2/3)にゲスト出演した、
『ジョジョの奇妙な冒険』『STEEL BALL RUN』等の著者、荒木飛呂彦氏。
その模様。

テロップ「本番前、緊張を隠せないメンバー
果たしてどんな対談になるのか
荒木飛呂彦氏はいかなる人物か!?」

(荒木氏、何か飲みながらメンバーと談笑)
テロップ「そして対談の時間がやってきた」
(メンバー名はわからないので座り位置で。。。)

左(スーツの人)「こういうのはちょっと失礼かと思うんですけど
アイディアが尽きないなーという。」

荒木飛呂彦「あー、僕のその、なんていうか、漫画を描く時の、あの、やり方っていうのは、
その、あんまりひらめきとかじゃないんですよね。
なんかね、机に向かって、こうやってうーって考えるやり方なんですよ。
どうしようかなーとか。」

「そうなんですか」
荒木「結構、ちょっと理論的っていうか。
あの次に進めないようなアイディアはダメなんですよね。
だからなんか音楽に、音楽の音符がこう流れていく、
一つの流れのやり方に似てるのかもしんないなって思うんですけど。」




音楽制作について
荒木「楽譜とかまず、こう書いたり、、す、、
ヒップホップの、なんか凄い複雑じゃないですか。

最初になんかこう楽器を弾きながら作ったりするんですか?
(ギターを弾くマネ)。」

「僕らの場合は、バックトラックを、伴奏を。」
荒木「伴奏を。」
「先に僕が一人で作っちゃうんですよ、コンピューターで。」
荒木「はいはいはい。」
「で、それを二人に渡して、歌詞とメロディーを彼らが書いていくんですけど。」
荒木「ほぉーー。
うん、なんかもっとなんか、こう、いい加減に作ってるのかなって思うんですよ。
のような(笑。」

メンバー笑い

荒木「目指してる、みたいなアルバムとかアーティストとか、
そういうのってのはどの辺から来てるんですか?
あの、子供時代でもいいんですけど。」

右(小さめの人)「THE DOORSが凄い好きでしたね。」
荒木「ドラムが独特な感じですよね、あれなんていうか。」
「かもしれないですね。」
中(やや大きめの人)「僕は(THE ROLLING)STONESが凄い好きです。」
「僕はPRINCEとかのミネアポリスサウンドが好き。
大好きです。」

荒木「あはは、そうですか。なんかちょっとね似てますね(笑
僕もそうなんですけど。

僕はミュージシャンじゃないですけど、
あの、、、AC/DC、DEF LEPPARDとPRINCEなんですよ。
今まで、も、出たら絶対買うっていうか。
あの、どんなくだらないアルバムまでも、それは見たらもう買いますね(笑」


ファッションについて
荒木「あの、で、なんかね、独特なファッションをする人が
こう、スーパースターになるような感じがするんですよね。
例えばですけど、マイケルジャクソンとか、
あの、、、マドンナとかもそうなんですけど。
なんか一目でこう、シルエットだけでも見てわかるっていうのかな?

ファッションにはこだわりとか、あったりするんですか?
SOUL'dOUTは?」

中(やや大きめの人)「キャップを取らないこと(笑」
荒木「あ、そうっすか。いいっすね(笑
ちょっとこの辺(側頭部ら辺の髪を触りながら)、一緒にこうしたら。
穴開けて、こう、髪の毛出したりとか。」

(空条条太郎の感じ?)
メンバー「ははは」

ニューアルバムについて
荒木「ちょっと裏に意味が無いと。
なんかこう、ニューアルバムをとにかく、まー、
1日2回ぐらいづつ、もう毎日聴かせていただいたんですけども。」

メンバー「ありがとうございます。」
荒木「えー、僕は海外のアルバムとかよく聴くんですけど、
基本的なものがあると思うんですよ。
あの、一曲目はまず、なんかこう、
アルバム全体を紹介するような曲がバンって来て。
で、2、3、4、5あたりがね、こう、畳み掛けてくるやつがね、
あのー、僕は好きなんですよ。

あと、12曲目あたりからまたちょっと違うテーマに突入するような感じで、
その辺も、こう、連続して、こう、、、一つの流れとなってくるようなアルバムが、
絶対、傑作になってるなって、あの、過去のいろんなアルバムがあるんですけど、
なんか、その通りに来てる、感じがしたんですよね。
えー、だからなんか、かなり気に入りました。」

メンバー「ありがとうございます。」
荒木「えー、うん、なんか、、、」
「嬉しいね。」
荒木「そういうの、あります?」
「ありますね。
(他のメンバーに)嬉しいね。
すごいそれはわかりますね。」


荒木「えっとー、ニューアルバムのタイトルが
こう、夢についての、タイトル、テーマになってるんですけども。
夢みたいなのあります?
こうなりたいみたいな。」


暫し、沈黙。
「ジャケット。」
「ジャケット、あー。」
(よく聞き取れなかったんで、違うかも)
荒木「はー、ジャケット、いいっすね。」
「そういうのって、興味あります?」
荒木「ありますねー。

荒木飛呂彦的な画の似顔絵で、かっこいいポーズ付けて、
ファッショナブルな感じだけど、
ちょっとストリートの匂いの出てる、画ですね。」

「わかりました。」
一同「はははははは」

対談終了

テロップ「最後に荒木先生にもSOUL'd OUTを撮ってもらうことに!」
カメラを構える荒木氏。
荒木「一人の人がなんか前にちょっと出てきて、、、

構図を見ます。

あ、いいっすねー、なんか。

ハイさん(?)はね、この辺でかっこよくしゃがんでいただきたいですね。
あ、いいっすねー。」


終始、にこやかで、少し挙動不審気味の荒木氏と、
やや緊張気味のSOUL'd OUTのメンバーでした。
それにしても荒木氏、若すぎ。

テロップ「荒木飛呂彦・・・1960年6月7日、宮城県仙台市生まれ。
1980年に手塚賞準入選を果たし漫画家デビュー。
現在は『STEEL BALL RUN』(1〜4巻)を発売、続編を準備中。」


テロップの最後に『続編を準備中』と出てましたが、
ウルトラジャンプで再開の噂は如何に?
⇒@JOJO:荒木飛呂彦『スティール・ボール・ラン』、3月から「月刊ウルトラジャンプ」で待望の連載再開!!!(追記:未確定情報になりました…)

JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
Amazon:JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
JOJO A-GOGO
Amazon:JOJO A-GOGO


よかったら、ランキングチェックがてら
クリックしてやってください⇒人気blogランキング
| こみっく | permalink |trackbacks(3)


<< | 2/3PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PAGE NAVI
<<  >>
こうさぎ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BLOGPEOPLE
 
 
登録しちゃいな!!by BlogPeople
MY BLOG LIST
 
 
RECOMMEND
K-1 HERO’S
2005/3/26 HERO’S

ZST
ZST

ZST 2
ZST 2

ユーズ・ユア・イリュージョンI
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION機
ユーズ・ユア・イリュージョンII
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION供

コントラバンド VELVET REVOLVER「CONTRABAND」

Rising Force YNGWIE J MALMSTEEN「RISING FORCE」

イメージズ・アンド・ワーズ
DREAM THEATER「IMAGES AND WORDS」

ジョジョの奇妙な冒険 (46)
荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険

JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
JOJO6251―荒木飛呂彦の世界

宝島 (下)―グイン・サーガ外伝(17)
栗本薫 グインサーガ

メロメロパーク