FINAL DOWN

All the love in the world couldn't save you All the innocence inside
1時間ごとに更新!! Amazon売れ筋トップ100
音楽 DVD ビデオ TVゲーム エレクトロニクス ホーム&キッチン

文字起こし
ニュース侍!2005/11/8 ゲスト田村潔司
【1】【2】【3】【4】

ニュース侍!2005/10/14 菊田早苗
【1】【2】【3】【4】

2005/10/12 K-1 MAXでの前田日明語録

J SPORTS ZST特集 ゲスト所英男
【1】【2】

ニュース侍!2005/10/4 ゲスト近藤有己
【前編】【中編】【後編】

ニュース侍!2005/9/20 近藤有己インタビュー

ニュース侍!2005/9/9 ゲスト 岡見勇信 & 門馬秀貴
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/9/6 ゲスト村上和成
【前編】【後編】

ニュース侍!2005/8/2 ゲスト柴田勝頼 &上井文彦【前編】【後編】

前田日明の語る2005/7/6HERO'Sミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦

K-1ハワイ大会での前田日明語録 【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】
谷川、武蔵が語る前田日明【2005/8/13 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#2】

前田日明とノブ・ハヤシの会話【2005/8/6 K-1 BATTLE SCRAMBLE!#1】

2005/7/22 ニュース侍!ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!ゲスト高橋義生【PANCRASE】
【前編【中編】【後編】

2005/7/5 ニュース侍!桜木裕司 インタビュー

2005/6/20 PRIDE GPまであと7日!夏の女祭り
田村潔司編 瀧本誠編

2005/6/14 ニュース侍! ゲスト河野真幸
【前編】 【中編】【後編】

ニュース侍!2005/6/4 ゲスト桜井"マッハ"速人
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/6/2 ゲスト佐山聡
【前編】 【中編】 【後編】

ニュース侍!2005/5/30 ゲスト村上和成【ビッグマウス】【前編】 【後編】

ヘビメタさん2005/5/21 ゲスト武藤敬司
【前編】 【中編】 【後編】

永田裕志 対 山本宜久【新日本プロレス2005/5/14】
【前編 【後編】

鈴木みのるエキシビジョンマッチ【2005/5/1 PANCRASE】

2005/5/4 闘魂ネットワーク 永田さん、前田に反論【前編】 【後編】

ニュース侍!2005/4/29 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

前田日明、RIKIPRO来場

2005/4/12 浅草キッドの海賊男#78 前田日明編
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

ニュース侍!2005/4/12 長州力が語る前田日明

2005/4/5 浅草キッドの海賊男#77 前田日明編
【1】 【2】 【3】

前田が船木に謝罪

生ゴン2005/03/18 ゲスト高阪剛
【前編】 【中編】 【後編】

生ゴン2005/03/12 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

2005/3/6 ジャンクスポーツ 曙

生ゴン2005/3/2 ゲスト小島聡&和田京平

鈴木みのるの謙吾評

海賊男2005/02/04 ゲスト上井文彦
【1】 【2】 【3】 【4】

生ゴン2005/01/29 ゲスト佐藤光留【1】 【2】

生ゴン2005/1/28 ゲスト佐山聡皇帝【前編】

生ゴン2005/01/22 ゲスト佐藤ルミナ
【前編】 【中編】 【後編】

上井文彦 対 高山善廣【対談】

生ゴン2005/1/15 ZST GP2特集【前編】 【後編】
生ゴン2005/1/5 ゲストお宮の松&佐伯繁

2004/12/31 中村和裕 VS ハイアン・グレイシー

2004/12/23ねるとん紅鯨団芸能人SP 中村和裕

2004/12/21中川家ん ゲスト高田延彦
【前編】 【後編】

生ゴン2004/12/12 ニセ大仁田劇場3部作

生ゴン2004/12/12 ゲスト佐伯繁

貴乃花伝説 & MORE by 村上和成

生ゴン2004/11/26高阪剛インタビュー
【前編】 【後編】

ニセ大仁田劇場

生ゴン2004/11/19生ゴン近藤有己スペシャルインタビュー

生ゴン2004/11/21ゲスト山宮恵一郎

2005/11/13 長州の謝罪と大谷の決意【ZERO-ONE】

2004/11/11 大谷のマイク【ZERO-ONE】

生ゴン2004/11/04 ゲスト近藤有己

生ゴン2004/10/29 ゲスト菊田早苗

生ゴン2004/10/29 尾崎允実インタビュー

ZST煽りVコレクション アウレリロ VS 小谷

GCM対人力学ING#6 移籍問題

佐藤光留の乱 in 2004/10/12後楽園ホール

プライド侍#25 長南亮

生ゴン2004/10/08 近藤有己インタビュー

生ゴン2004/10/07 田村潔司ビデオメッセージ

生ゴン2004/10/02 ゲスト戦闘竜

プロレスの砦 ゲスト角田信朗編【機 【供

生ゴン2004/9/30 ゲスト長南亮

ZST6 サムライ中継観戦記
【機 【供 【掘 【検

プロレスの砦 藤原喜明編【機 【供

生ゴン2004/9/24 ゲスト入江秀忠編

WE ARE ZST GIRLS 小野寺愛&尾藤ゆう

生ゴン2004/09/10 所英男【前編】 【後編】

格闘家列伝 郷野聡寛
【コメント編】
【エピソード編】

格闘侍2004/09/02 田村潔司

生ゴン2004/08/29 ゲスト矢野通編

2004/8/14/ 鈴木みのる試合後インタビュー

生ゴン2004/08/10 ゲスト田村潔司編


【-】スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | permalink |-
こみっく】天才ですから
週刊少年ジャンプで連載されていた井上雄彦著、「スラムダンク」。
連載を終えて8年経ちますが、コミックが累計1億冊突破し、
2004年8月10日、朝刊6誌に全面広告が掲載され話題になったのも記憶に新しいところ。
そこに画とともに添えられていた言葉は、
桜木花道 (読売新聞):一番たのしんだのは、僕かもしれない
流川 楓 (朝日新聞):バスケットボールと、みんなに、ありがとう
赤木剛憲 (日本経済新聞):観客席にいた全ての人へ
三井 寿 (毎日新聞):キミと確かにつながった気がする
宮城リョータ (産経新聞):あなたの声も、描かれている
木暮公延 (東京新聞):ともに声を枯らした仲間だちへ

⇒SLAM DUNK 新聞広告

この赤木のとこの「観客席にいた全ての人へ」
読んでいた俺も観客の一人だったんだなーと思い、少しジーンときました。

そして2004年12月3日〜12月5日、神奈川県の廃校で行なわれた「1億冊ありがとうファイナル」。
そこではあのラストから10日後が黒板にチョークで描かれていました。
どういった内容なのか、調べてみたところ、、、

1部屋目
桜木がハルコに「リハビリ界のリハビリ王になる」という手紙を出し、
ハルコや松井さん達3人でそれを読んでいる。

2部屋目
1年生3人トリオが朝5時からランニングしている。
赤木が抜けた穴にレギュラーとして入るためやる気を出している。
学校の体育館につくと5:30の時点で誰かがすでに練習を始めている。



3部屋目
冬の選抜に向けて三井が練習している。
学力がないので、選抜で目立って大学の推薦を狙っている。
無駄な時間を過ごしたことを後悔する。

4部屋目
彩子と安西先生がそれぞれ早朝ランニングしている。
その最中偶然会い「いや医者に言われまして」と互いに喋り去って行く。

5部屋目
流川が朝連し(多分公園で)、その後イヤホンを耳に当て自転車に乗り走っている。
聞いていたのは英会話のテープ。

6・7部屋目
授業中指されるが解答がわからない赤木。
バスケがしたくてそわそわしている。
木暮にバスケ部に顔を出すように勧められるが
「引退した身でそんな中途半端な真似できるか!これからは受験だ!」とそれを断る。
木暮は部活に顔を出そうとしている。
赤木はそれを見てもんもんとしている。

8部屋目
授業をサボる宮城。屋上でリーダーシップに関する本を数冊見てる。
「上司が鬼とならねば部下は動かず」と書いてある本を見て
「鬼キャプテンで行くか」とつぶやく。

9部屋目
選抜に出るため何かを変えなければいけないと思う翔陽。
花形は眼鏡をかっこいい(笑)ものに変え、長谷川は坊主頭にし、山野・河野は眉を細くした。
ひげを生やしていた藤間に声をかけられ「そんなの藤間さんじゃないやい」と言って
走り去って行く伊藤。
打倒海南、打倒湘北に燃える翔陽。

10・11部屋目
部活に顔を出す魚住。後輩を心配してる。
後輩は板前の修業をしてない魚住を心配してる。
仙道がいなく彦一を含む何名かが探しに行っている。仙道は海で釣り。
魚住が「バカタレェ、そんなに魚が好きなら俺と代われ!」と叫んでいる。

12部屋目
キャプテンを変えるかもしれないと噂が流れ、福田と越野が張り合っている。
そこをうまくまとめる植草。植草も次期キャプテンを狙っているように見える。

13部屋目
弥生と中村が海南の強さを探ろうとしている。
牧が海でサーフィンしている所を見る。2人は黒さの秘密を納得した。

14部屋目
次に二人は犬の散歩をしてる信長を見かける。
信長は犬と競争をし、初めは互角に走ってる。しかし結局犬に引きずられることになる。
弥生・中村とは直接絡まず。

15部屋目
その後二人はジョギングしてる神と会う。軽く挨拶する3人。
「このコが海南の強さの象徴かもしれない」とつぶやく弥生。

16部屋目
田岡と高頭が国体のメンバーについて話している。
例年は海南の単独チームだが、今年に限れば混成チームにしたいと話している。
二人それぞれがどんなメンバーを入れたいか想像をめぐらしてる(誰かはわからない)。
「どっちが監督だ?」と田岡が問うと、二人はギラリとにらみ合う。

17部屋目
山王で深津が思いふけっている。
野辺らが「湘北戦のことは終わったことだ、考えてもしかたない」と声をかけるが、
深津はピョンの代わりの接尾語(?)を考えている。長考の結果ピニョンに決定。

18部屋目
河田兄弟が話している。冬の選抜に負けないため兄が弟を徹底的に鍛えることになる。

19部屋目
沢北が飛行機にのりながら英会話の勉強をしている。
「would you like some wine?」と聞かれ「イ、イエス、アイドゥ」と答え、わけがわからないまま酔っている。
空を見ながら親父・おふくろに向かって「今までありがと」とつぶやく。

20部屋目
水戸たち4人が桜木のことを話している。
その後、「おめーらもよう、自分の何かみつかるといいな」「おめーもな」「おめーがだ」

21部屋目
ハルコから桜木への手紙

文面「宮城さんはもしかしたらお兄ちゃんのときより厳しいキャプテンかもしれません」
花道「ぬ?ほー、あのリョーちんが」
文面「ときどき厳しすぎると三井さんとケンカになります
すごく険悪になるので大変です」

花道「はっはっはっ ミッチー!」
文面「お兄ちゃんはバスケができなくなってから成績が落ちました
そんなことならバスケをすればいいのにね」

花道「くっくっくっ ゴリめ」
文面「リハビリ王からリバウンド王に戻る姿を早く見たいです」

22部屋目
海岸に座りハルコからの手紙を読む桜木にある人が。

「あれ・・・
その赤頭は湘北の10番
インターハイ見たよ」

花道「オウ」
それは井上雄彦。

リハビリ所のおばちゃんと桜木の会話

おばちゃん「時間よ。
知ってる?桜木君。
日本人初のNBAの選手がうまれたって」

花道「なぬ?アメリカ?」
おばちゃん「そう。ほとんどの人が日本人にはムリって思ったらしいわ
だけどムリだっていうのはいつだってチャレンジしてない奴よね
さあ桜木君も新たな段階のリハビリにチャレンジ!」

花道「まー、見てろって・・・」


振り返って

花道のこの言葉に泣けましたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

⇒「10日後」の参照元:【話題】スラムダンクの「1億冊ありがとうファイナル」始まる  2スレ目
⇒INOUE TAKEHIKO ON THE WEB
| こみっく | permalink |trackbacks(0)
こみっく】君は引力を信じるか?
昨日、読み終えたコミック。
それは荒木飛呂彦著、ジョジョの奇妙な冒険第6部、ストーンオーシャン。
これ、ジャンプで連載中も読んでたんですが
改めて全巻、コミック版で読んでみました。
その中で一番、印象に残った台詞は
DIO君は引力を信じるか?
出会いというものは、引力ではないのか
?」


俺は引力というか、そういう出会いというものを信じるんです。
それは人に限らず。
俺がジョジョを読み終え、
引力というものに何かしら感じるものがあった次の日の今日、
何かしら惹かれるものに出会い、
そこに感じたのは何かしらの引力。
この出会いは偶然なのか必然なのか。

プッチ神父君は引力を信じるか?」
ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン (11)
ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン

よかったら、クリックしてやってください⇒人気blogランキング
| こみっく | permalink |trackbacks(0)
こみっく】デビルマン【ネタバレあり】
近日、映画が公開されるから、というわけではないですが
原作である、永井豪の漫画版デビルマン全5巻を読みました。
小さい頃よく見ていた、単なるヒーローモノとして描かれていたアニメ版とは
かなり趣の異なるこの漫画版。
そこには様々なテーマを内包しているように感じましたが、
俺が一番思ったのは
「人間とは救うべきものなのか?」ということ。

デーモンから人間を救うため、自らデーモンと合体した不動明。
そして彼はデーモンの力と人間の心を合わせ持つデビルマンとなり、
人間のために、命をかけデーモンと戦っていきます。
しかし、次第に彼の心に芽生える疑問。
人間とは救うべきものなのか?



富、名声、権力など、人間の数限りない飽くこと無き欲望。
自然を破壊し、他の生物を死に追いやり、
地球すら破壊しかねない兵器を作り、
同朋までも殺していく人間。

そして人間が作り出した地獄を目の当たりにした彼の悲痛な叫び。
「きさまらこそ悪魔だ。
俺は体は悪魔になった・・・
だが人間の心を失わなかった。
きさまらは人間の体を持ちながら悪魔になったんだぞ!
これが、これが、、、
俺が身を捨てて守ろうとした人間の正体か!」


人間とは救うべきものなのか?
果たして今までやってきたことは正しかったのだろうか?
苦悩する不動明。
そして悩みぬいた末に辿り着いた結論とは、、、
しかし、その時、、、
| こみっく | permalink |trackbacks(0)


<< | 3/3PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
PAGE NAVI
<< 
こうさぎ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
BLOGPEOPLE
 
 
登録しちゃいな!!by BlogPeople
MY BLOG LIST
 
 
RECOMMEND
K-1 HERO’S
2005/3/26 HERO’S

ZST
ZST

ZST 2
ZST 2

ユーズ・ユア・イリュージョンI
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION機
ユーズ・ユア・イリュージョンII
GUNS N' ROSES「USE YOUR ILLUSION供

コントラバンド VELVET REVOLVER「CONTRABAND」

Rising Force YNGWIE J MALMSTEEN「RISING FORCE」

イメージズ・アンド・ワーズ
DREAM THEATER「IMAGES AND WORDS」

ジョジョの奇妙な冒険 (46)
荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険

JOJO6251―荒木飛呂彦の世界
JOJO6251―荒木飛呂彦の世界

宝島 (下)―グイン・サーガ外伝(17)
栗本薫 グインサーガ

メロメロパーク